外観を大きく変えるタイヤのカスタム化

タイヤカスタム

ハーレーをカスタム化できる部分の一つにタイヤがあります。他の部分をカスタマイズするのと違って地味な印象がありますが、ファッションの基本は足元からと言われるように、ハーレーもタイヤを交換するだけで大きく見た目を変えることができます。他の部分に比べても簡単に行えるので、まずは気軽に試してみましょう。

新車のハーレーを買った直後に交換しても構いませんが、できればある程度走り込んで特性を知った上で変えるのが望ましいかもしれません。その方がどんな種類のものが自分に合っているのか見えてくるからです。走り込んで溝が減ってくると、グリップも減りスリップしやすくなります。スリップサインが出そうになる前ぐらいが、ちょうどよい交換の時期と言えるでしょう。経年劣化によってヒビが入ったときも交換のタイミングです。運転する前に横側を目視するとヒビの状況がわかるので、目立つようになる前に交換するようにします。

ハーレーをタイヤからカスタム化するには、テーマを決めておくとうまくいきます。まずおすすめなのが、パターンと言われる溝のデザインを他のものにするというものです。地面と接する部分には溝が刻み込まれています。市販のカスタムパーツにはこの溝が特徴的なものも売られており、変えるだけで見た目が変わります。オールドタイプらしさを出すなら波型の溝が均等に入ったものが、ヴィンテージ感を出せるのでおすすめです。一方で最新のバイクらしさを出すなら、パターンが複雑なものへ付け替えると近未来感を出すことができます。

黒一色から他の色へ変えるというのもおすすめです。黒一色でまとめるとたしかに重厚感がありかっこよく仕上がりますが、よくある外観になることからつまらないと感じるかもしれません。そこで思い切って白いラインが入ったものへ付け替えてみてはいかがでしょうか。クラシカルな雰囲気やスポーティーなイメージを出すのに最適です。

大きく変化