保険は万が一の備え

ハーレーの保険

ハーレーに乗るときには、任意保険に加入して万が一の時に備えておくことが大切です。バイクを購入すると、日本では最低限の補償を受けることが可能なサービスに加入する義務が存在します。これは、自賠責保険と呼ばれているものですが、これは本当に最低限の補償しか受けられません。

仮に、その補償の範囲を大きく超えるような損失が生じたときには、その負担をすべて自己負担で支払わなくてはいけなくなります。そこで大切になるのが、任意のサービスです。ただ、ハーレーの場合はカスタムをして純正品を利用していない人も大勢います。こうした場合には、任意のサービスの中でも特にハーレー専用のものに加入する必要があります。実際に、専用のものとしては物損保障や人身保障の二つのサービスが提供されています。物損の場合は、バイクに乗っていて故障した程度で損失を補償してくれるものです。それ以外のものに関しては自己負担になりますが、自賠責とあわせて最低限のラインを守ってくれます。一方で、人心の場合は相手からの損害賠償などを補うことができるくらいの補償を受けることが可能です。こうしたサービスには、交通事故に置けるような全損のようなケースだけではなく盗難に関する保証も請け負ってくれることが多いです。カスタマイズをしたハーレーは非常に価値がありますので、多くの悪い人間から狙われる立場にあります。盗難補償があれば安心して乗車できるようになりますのでこうした民間の保険は非常に大切になるのです。